腕時計修理専門店 オルロージュ東京

修理作業工程|腕時計修理専門店 オルロージュ

03-6206-0768 受付:10:30-19:00(土日・祝日定休)

■オーバーホール

オーバーホールとは時計の分解、洗浄、組み立て、調整を行うサービスです。

【機械式】は4年前後【電池式】は7年前後、定期的に行うことを推奨しております。

工程① 分解

分解

ケースからムーブメント機械を取り出し、文字盤や針なども外します。

パーツの状態やパーツ同士のかみ合わせが正常かなど、点検しながら機械を分解していきます。

このような【見積もり作業】から、どのような修理が必要なのか見極めを技術者が判断いたします。

工程② 洗浄

洗浄

1つ1つの部品に傷がつかないようにパーツを素材ごとに小分けにし、回転式洗浄機で洗浄していきます。

こうすることで年月の経過による劣化したオイルなどを綺麗に洗浄することができます。

工程③ 組み立て

組み立て

綺麗になった部品を1つ1つ動作確認をしながら丁寧に組み上げていきます。

また、部品をスムーズに動かすために腕時計専用のオイル(機械油)を注しながら作業を行います。

工程④ 精度チェック

精度チェック

組み上げ後、各種精度チエックを行います。

機械の振動数・振り幅・進み・遅れ等を確認します。

オルロージュでは【電池式】(クォーツ)や【機械式】(メカ)に対応した高精度を誇る計測テスターを採用することで、スピーディーかつハイクオリティーなオーバーホールを行うことが可能になっています。

工程⑤ 防水検査

防水検査

オーバーホールの際に防水検査を実施しております。

防水試験機にて防水の状態を点検し合否判定を行います。

腕時計は構造上、水・衝撃・磁気は大敵とされていますが、お客様にお返しする前に、ご使用上の注意点があれば的確にお伝えできるよう、あらゆる方面から点検を欠かさず行います。

工程⑥ 精度チェック

精度チェック2

自動巻き機能のあるお時計には、ワインディングマシーンで点検することで、実際にご使用になられる"動きのある状態"を想定した上での実際の精度確認を行います。

ワインディングマシーンの使用は、回転数が比較的遅いものと早いものに2段階の工程を踏むことで、より精度の高い点検を行っております。

工程⑦ 外装仕上げ

トップ5

ご要望であれば、外装研磨を実施させていただきます。

ご使用による傷や経年劣化した外装を研磨することで、新品のようなご購入当時の輝きが蘇ります。

外装デザインによっては研磨(剥離)した上で、メッキをかけるなど、様々な外装に関する対応も承ります。

工程⑧ 外装洗浄

外装洗浄

機械内部ムーブメントの点検と平行し、ケース・ベゼル・ブレスレットなどの外装パーツは高圧洗浄機を採用しています。

ソフトから強力なストロングモードまでの調整可能な圧力範囲を持っており、細部の汚れまで綺麗に洗浄致します。

機械内部から外装修理までを”自社内"で行えることも当店の強味となっております。